FUKURY mobile 通信サービス 個別規定

通信サービス 個別規定

第1条(種類)

FUKURY MOBILE通信サービスには、次の種類(以下この個別規程において「種類」といいます。)があります。

種類 内容
タイプD ドコモが提供するSC-FDMA方式、OFDMA方式又はDS-CDMA方式による伝送交換設備を用いた移動無線通信に係る通信網及びドコモが仕様を定めて提供するSIMカードを利用するもの

第2条(品目)

FUKURY MOBILE通信サービスには、種類毎に、次の品目(以下この個別規程において「品目」といいます。)があります。

タイプD関係

品目 内容
回線提供タイプ 末尾添付の別紙1に定めるところにより、通信量に応じた課金を行うもの

第3条(回線種別)

FUKURY MOBILE通信サービスには、種類毎に、次の回線種別(以下この個別規程において「回線種別」といいます。)があります。

タイプD関係

回線種別 内容
3G ドコモのW-CDMA網を利用するもの
LTE ドコモのLTE網及びW-CDMA網を利用するもの

第4条(最低利用期間)

FUKURY MOBILE通信サービスに係るFUKURY MOBILE通信サービス契約(以下「FUKURY MOBILE通信サービス契約」といいます。)においては、別途当社が定める場合を除き、最低利用期間はありません。

第5条(サービスの提供区域)

FUKURY MOBILE通信サービスの提供区域は、ドコモが定める提供区域のうち当社が指定する提供区域とします。

第6条(IPアドレスの特定)

  1. FUKURY MOBILE通信サービスにおいて使用できるIPアドレスは、IPv4アドレス及びIPv6アドレスとします。
  2. 契約者がFUKURY MOBILE通信サービス契約において使用するIPアドレスは、当社が指定します。
  3. 契約者は、前項のIPアドレス以外のIPアドレスを使用してFUKURY MOBILE通信サービスを利用することはできません。

第7条(利用資格)

FUKURY MOBILE通信サービスは、契約者名義が法人(法人に相当するものと当社が認めるものを含みます。)である場合に限り利用することができます。

第8条(利用条件)

  1. 種類をタイプDとするFUKURY MOBILE通信サービスの移動無線通信網に接続する端末設備は、以下の各号に掲げるいずれかの端末設備である必要があり、契約者は、当社が端末設備に関する接続試験その他端末設備に関する確認を求めた場合は、その求めに応じるものとします。
    1. 当社が指定する端末設備又は法律により定められた技術基準への適合性を有する端末設備
    2. ドコモとローミング協定を締結している日本国外の電気通信事業者に接続することを認められた端末設備
  2. FUKURY MOBILE通信サービスの移動無線通信網に接続する端末設備が、前項の条件を満たしている場合であっても、契約者は、当社、ドコモから当該端末設備に起因する混信等の防止の目的で協力を求められた場合には、これに従うものとします。また、ドコモは、当該混信等の除去を行うときがあり、それがFUKURY MOBILE通信サービスの利用に影響を及ぼす場合があります。

第9条(契約内容の変更)

契約者は、次の事項について、FUKURY MOBILE通信サービス契約の内容の変更を請求することができるものとします。

  1. 回線数(回線数に比例するSIMカード数。)
  2. バンドルクーポン量(タイプDに限ります。)
  3. 追加クーポン量(タイプDに限ります。)
  4. SIMカードの形状(別紙1の2.月額費用(3)に定めるもの。ただし、タイプDに限ります。)
  5. 前4号に定める事項のほか、当社が指定する事項

第10条(故障が生じた場合の措置等)

  1. 契約者は、貸与品に故障が生じたときは、可及的速やかに当社が定める方法によりその旨を当社に通知するとともに当該貸与品を当社に返還するものとします。
  2. 前項の返還があったときは、当社は、代替貸与品の送付を行います。
  3. 貸与機器の故障が契約者の責によるものである場合には、契約者は、当社に対し、別紙1の3.一時費用(3)に定める金額を支払うものとします。

第11条(亡失品に関する措置)

  1. 契約者は、貸与品を亡失した場合は可及的速やかに当社が定める方法により当社に通知するものとし、当社は、当該通知があったときは代替貸与品の送付を行います。
  2. 当社は、亡失品の回復に要する費用について、事由の如何を問わず、亡失負担金として当社が発行する請求書により契約者に請求するものとし、契約者は、当社に対し亡失負担金を支払うものとします。
  3. 亡失品が発見された場合の取り扱いについては、以下のとおりとします。
    1. 契約者の責任において、法律に従って処分するものとします。当社は、契約者が、当該亡失品を使用することについて一切の責任及び義務は負わないものとします。
    2. 当社に対して返還又は送付された場合であっても、当社に支払われた亡失負担金は返金しないものとします。

第12条(解除の効力が生ずる日)

FUKURY MOBILE通信サービスにおいて、当サービスを含有するFUKURYモバイルPCサービス約款に記載された申し込みからの経過期日又は契約者が当該通知において解除の効力が生ずる日として指定した日のいずれか遅い日に、当該契約の解除の効力が生ずるものとします。

第13条(料金)

  1. 契約者が、種類をタイプDとするFUKURY MOBILE通信サービスの利用に関して支払うべき料金の額は、別紙1のとおりとします。
  2. 前項において初期費用の支払義務はFUKURY MOBILE通信サービスの申込を当社が承諾した時点で、月額費用の支払義務は課金開始日に、一時費用の支払義務 は当該一時費用の発生に係る契約内容変更の申込を当社が承諾した時点で、それぞれ発生するものとします。

第14条(サービスの品質保証又は保証の限定)

  1. FUKURY MOBILE通信サービスは、ドコモの移動無線通信に係る通信網において通信が著しく輻輳したとき、電波状況が著しく悪化した場合又はその他ドコモの定めに基づき、通信の全部又は一部の接続ができない場合や接続中の通信が切断される場合があり、当社は、当該場合において契約者又は第三者に発生した損害について何ら責任を負うものではありません。
  2. 前項に定める事項のほか、FUKURY MOBILE通信サービスは、その通信の可用性、遅延時間その他通信の品質について保証するものではありません。

第15条(機能の制限)

  1. 契約者は、当社が指定する貸与機器以外の通信手段を用いたFUKURY MOBILE通信サービスの利用、及びFUKURY MOBILE通信サービスにおいて当社が指定するダイヤルアップ接続の接続先以外への接続による通信を行ってはならないものとします。
  2. 契約者は、FUKURY MOBILE通信サービスにおいて、、貸与機器を、64kデータ通信(テレビ電話を含みます。)の用途に供してはならないものとします。
  3. FUKURY MOBILE通信サービスにおいては、FUKURY MOBILE通信サービスの品質及び利用の公平性の確保を目的として、契約者の一定期間内の通信量が当社の定める基準を超過した場合において、当社が定める一定期間の間、契約者に事前に通知することなく通信速度を制限する場合があります。

第16条(報告)

当社は、契約者に対し、必要に応じ合理的な範囲で、FUKURY MOBILE通信サービスの利用の状況について報告を求めることができるものとします。この場合において、契約者は、速やかに当該報告を行うものとします。

附則

この契約約款は、平成30年4月1日から実施します。

平成30年6月7日現在

三谷商事株式会社

別紙1 FUKURY MOBILE通信サービスにおける料金等(タイプD)

1.初期費用

  1. FUKURY MOBILE通信サービスの内容に応じ、登録手数料として当社が別途契約者に示す金額(FUKURY mobile PCサービスの初期費用に含まれるもの)とします。

2.月額費用

  1. 月額回線費用
    1. 回線提供タイプ(バンドルクーポン関連)
      バンドルクーポン量 料金
      3GB FUKURY mobile PCサービスに含まれるものとします。
      4GB~50GB 別途契約者に示す金額

      備考

      1. 品目:回線提供タイプにおいては、バンドルクーポン量を指定していただきます。バンドルクーポンとは、利用者がドコモのLTE網及びW-CDMA網を利用した通信を行うために必要なものであって、当社が定めるところによる一定範囲のデータ量をいいます。
      2. バンドルクーポンは、当社が毎月の初日において契約者に割り当てるものとし、その有効期間は当該月の翌月末日までとします。
    2. 回線提供タイプ(追加クーポン関連)
      追加クーポン量 料金(単価)
      100MB 別途契約者に示す金額

      備考

      1. 品目:回線提供タイプにおいては、追加クーポンを利用することができます。追加クーポンとは、一定のデータ量単位毎に追加して利用することができるデータ通信量であってバンドルクーポン以外のものをいいます。
      2. 追加クーポンには、有効期間が、当該追加クーポンの利用の申込を当社が承諾した日の属する月の翌月から3ヶ月後の月末までのもの及び当該追加クーポンの利用の申込を当社が承諾した日の属する月の月末までのもの(後者を「当月有効追加クーポン」といいます。)があります。
    3. 貸与機器
      回線提供タイプ
      機能区分 形状区分 料金
      データ通信機能 標準SIMカード 別途契約者に示す金額
      マイクロSIMカード 別途契約者に示す金額
      nanoSIMカード 別途契約者に示す金額
      マルチSIMカード 別途契約者に示す金額

      備考

      データ通信機能とは、インターネットプロトコルによる相互通信を利用できる機能をいいます。

3.一時費用

  1. 第9条(契約内容の変更)第2項に定める回線数の追加にあっては、1回線あたり登録手数料として別途契約者に示す金額
  2. 第9条(契約内容の変更)第6項に定めるSIMカードの形状の変更にあっては、変更手数料として一回の変更につき別途契約者に示す金額
  3. 第10条(故障が生じた場合の措置等)第3項に基づく費用について、当社が貸与機器として指定する物品にあっては、当社が別途契約者に示す金額
  4. 第11条(亡失品に関する措置)第2項に基づく費用について、当社が貸与機器として指定する物品にあっては、当社が別途契約者に示す金額
PageTop